おすすめ資産運用方法・クレジットカード紹介など様々なマネーリテラシーを向上させていく為の情報発信サイトです

タバコを吸い続けると生涯いくら使うのか?健康被害やお金のリスク

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今日はツイッターで私の尊敬している方達がタバコについてツイートしてるのを見たので今回はこのようなタイトルの記事を書こうと思います

ちなみに私はまったくタバコは吸わないのです

マネーぞうのアイコン画像マネーぞう

あまり考えたことがない事だけど一体いくらつかうのかな
タバコってかっこいいから吸ってみようと思ってる!

テポのアイコン画像テポ

考えてみると結構面白いよ
ではいってみよう!

目次

タバコの値段は税金が6割以上を占めている

まず初めに聞いたことがあると思いますがタバコは税金がかなり占めています

その割合は6割以上が税金です

500円のタバコならば300円以上が税金となります

吸えば吸うほど税金を納めていることになりますね

そのためタバコ税は貴重な財源となっているのも事実です

生涯いくら使うのか

では今回の本題のタバコを吸い続けると一体いくらぐらいお金を消費してしまうのでしょうか

条件を

1日1箱毎日吸う事にし

20歳~80歳までの60年間喫煙をする設定

タバコ1箱の値段を500円で計算してみることにしました

計算式

500円×365日(1年)=182500円

182500円×60年=10950000円

答え

1095万円

マネーぞうのアイコン画像マネーぞう

めっちゃ使うんだね・・・

1095万円の税金が6割以上なので計算すると

657万円以上税金を払ってる事になりますね

これはなかなか恐ろしい結果となりました

さらにタバコ税は年々増加をしています
そのためタバコ本体自体の値段も増加傾向です

もしタバコではなく投資に回していたら

タバコに使うお金を毎月投資に回し

複利で増えていった場合どうなるか

先ほどの計算でタバコに1年で使うお金は18万2500円

これを12ヵ月で割ると1ヵ月約1万5208円

配当金などの利回りを3%として

月に1万5000円を投資に回していき3%の複利で運用したとします

すると結果は

楽天証券より引用

結果は

3021万6442円までお金が貯まります

ちなみにこれ元金は1080万円なので差額の1941万円は3%の複利で増えたことになります

複利おそるべし

検証結果・まとめ

上記条件で投資に回していればプラス3021万円

タバコを普通に毎日吸っていればマイナス1095万円

その差は

4116万円

タバコを吸う人と投資に回した人とではなんと4116万円も差がでてしまうという結果です

さらに健康被害もタバコはでますね

タバコだけでこの結果なので

これにお酒なども加わってくると結果はもっと悲惨です笑

今回は節約がどれほど大事で効果があるのか
投資の火力を説明したくこのような記事を書いてみました

テポのアイコン画像テポ

私は酒もタバコもほぼしないよ
そのかわりそのお金を投資にまわしてる!

マネーぞうのアイコン画像マネーぞう

僕も成人したらタバコ吸おうと思ってたのに!
やめよーっと

たくさん喫煙する方などは参考にしてみてほしく記事にしました
否定などをしたく書いたものではありません!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる